副作用

シュガリミットの副作用は何!?腹痛や便秘になるってホント??

みさき
みさき
こんにちは、みさきです!

今回はシュガリミットを試してみたいけど副作用が出たり体調不良になったりしないのか…

そんな不安を解消していきましょう!

糖質活用という新しいアプローチで人気のサプリメントのシュガリミットですが、

「シュガリミットに副作用やアレルギーの心配はないのか?」

「飲まない方が良い人はいるのか?」

今回はそんな、シュガリミットの副作用や安全性について徹底調査しました!

シュガリミットの副作用と安全性は?

まずは副作用はあるのか?飲んではいけない人がいるのか?調査しました。

副作用①下痢になるの?

一部シュガリミットを飲んで下痢なるという人がいるようです。

実際にシュガリミットを試した方の中にも

「おなかが緩くなった」「初日はずっとおなかがゴロゴロしていた」

という声がありました。

考えられる原因として、もともと便秘知らずだった人には、シュガリミットに含まれるバナスリンの食物繊維、スピルリナ、乳酸菌などの整腸作用に過剰に反応して下痢を引き起こした可能性が考えられるでしょう。

ただ、シュガリミットには他にも整腸作用のある成分が多く含まれており、そのほとんどが天然由来の成分でできているので、どの成分に反応して下痢を引き起こしたかを特定するのは難しいのです。

また、1回で5粒飲んで下痢になった後3粒に減らしたら治まった!

という人もいました。

シュガリミットには飲む数に決まりはありませんが必要以上に飲みすぎると下痢を引き起こしかねません。

飲み始めは少量ずつから試して、下痢が続くようであれば数を減らして自分の身体に合うよう調整してみると良いでしょう。

副作用②便秘になるの?

シュガリミットにはブドウ種子エキスをはじめ、バナスリン、スピルリナ、乳酸菌など腸内環境の改善に役立つ成分を多く含んでいますので、シュガリミットを飲んで便秘になるということはありません。

中でもブドウ種子エキスに関しては女性のホルモンバランスの乱れからくる便秘にも効果を発揮するようです。

女性の場合は加齢などによる女性ホルモンの欠乏から腸内フローラが乱れやすく、その結果、便秘だけではなく内臓脂肪が増えたり全身のむくみが慢性化したりしてしまいます。

しかしなんとこのシュガリミットに含まれるブドウ種子エキス(プロアントシアニジン)は、女性ホルモンの変化からくる腸内フローラの乱れまで改善して、便秘やむくみを解消させたという研究結果があるのです。

便秘には様々な原因があると考えられますが、食物繊維などによって便通を改善するだけではなく、ホルモンバランスからくる腸内環境の乱れにまでアプローチしてくれるのは嬉しいですね。

副作用③妊娠中に飲んで大丈夫?

シュガリミットは医薬品ではなく健康補助食品なので、妊娠中に飲んで問題となる成分は含まれておりません。

基本的には妊娠している方も服用して大丈夫とのことです。

しかし、サプリメントである以上必ずしも体調に不具合は出ないと言い切ることはできません。

妊娠中はとても敏感になっており、妊娠前にはなかった様々な副反応が出る方もいらっしゃいますので、心配な方は産婦人科の主治医に相談するようにしましょう。

また、シュガリミットは整腸作用のある成分を多く含んでおり、おなかが緩くなる場合があります。

妊娠中に下痢などが続くと同時に子宮も収縮しますので、妊娠の経過に何らかの影響が出かねません。

妊娠中にシュガリミットを飲んでおなかが緩くなると感じた際には直ちに飲みやめるようにして下さい。

副作用④産後に飲んで大丈夫?

シュガリミットは、妊娠中の服用と同様に産後に飲んで問題になる成分は含まれておりませんので服用しても問題はありません。

しかし、授乳中のママに関しては注意が必要です。

実はシュガリミットの主要成分である「すいおう」からは、痩せホルモンと呼ばれるGLP-1が作り出されます。

しかし、糖尿病患者などに投与される「GLP-1受容体作動薬」という、GLP-1を補う薬に関しては、授乳中の人には投与してはいけないことになっているそうなのです。

しかし、公式販売店に直接確認したところ、

「GLP-1受容体作動薬とすいおうは別物で、授乳中に飲んでも問題はない」

とのことでした!

とはいえ気になる方は飲むのを控えるか、しっかり主治医に相談・確認をするようにしましょう。

副作用⑤吐き気が出ることはない?

シュガリミットを飲んで吐き気が出るということはありません。

実際にシュガリミットの原材料を確認してみても、

「甘藷若葉粉末・ブドウ種子抽出物・キャンドルブッシュ粉末・セレン含有酵母・スピルリナ粉末・バナバ葉抽出・黒胡椒エキス紛末・殺菌乳酸菌粉末・HMCa・クレアチン・オレンジ抽出物・カシス抽出物・二酸化ケイ素・ナイアシン・ステアリン酸Ca・パントテン酸Ca・ビタミンB2・ビタミンB1・香辛料抽出物・・・」

と、吐き気を引き起こすとされる成分は含まれていないようでした。

しかし、どんな栄養成分でも一度に大量に飲んでしまうと吐き気を引き起こしかねません。

始めは少量から飲み始め、シュガリミットの1日5~15粒という推奨摂取量を超えないように注意しましょう。

副作用⑥体調不良になることはない?

シュガリミットを飲んで体調が悪くなるということはほとんど無いようです。

ですがシュガリミットを実際に飲んでみた人の中には一部、おなかが緩くなったという人はいるようでした。

下痢をするようになった場合は飲む量を減らしたり時間を調整してみるなどして、自分の体に合った飲み方を探してみることも大切です。

もともとおなかが緩くなりやすい・便秘知らずだという人は特に注意し、少量から試してみるようにした方が良いかもしれません。

副作用⑦アレルギーが出ることはないの?

シュガリミットにはアレルギー表示はされていないようですが、健康補助食品なので、天然由来の成分を多く含んでいます。

そのため、アレルギー反応を起こす場合が必ずしもないとは言い切れません。

特に、シュガリミットに含まれている「すいおう」はさつまいもの葉なのでさつまいもアレルギーが、麦芽からは小麦アレルギーが出かねませんので注意が必要です。

他にも、シュガリミットにはスーパーフードと呼ばれ栄養価の高いスピルリナの粉末も含まれていますが、まれにスピルリナアレルギーを起こす人もいるようです。

アレルギー体質で心配のある方や、さつまいもや小麦にアレルギーがある人は服用前に充分注意して少量から飲み始め、体調に不具合を感じたらすぐに飲みやめるようにしましょう。

副作用⑧健康被害は出ていないの?

シュガリミットを飲んで健康被害が出たという報告はされていないようです。

しかしどんな健康補助食品でも身体に合う・合わないはあるので、シュガリミットを飲んで不具合を感じるようなことがあれば直ぐに飲みやめ、必要であれば医師に診てもらうようにしましょう。

また、現在他に薬やサプリメントを常用している人は、それらとの飲み合わせによって効果が弱まったり強く出すぎる可能性が考えられますので、薬剤師や医師に相談のうえ服用するようにしましょう。

みさき
みさき
シュガリミットは大きな副作用は無いようだけど、

授乳中は避けて、下痢やアレルギーがでないよう

飲みすぎに注意が必要ですね!

シュガリミットの副作用なしで安全に飲むためには?

シュガリミットには副作用は無いとされていますが、ここまでの調査で下痢になったり、アレルギーが出る場合があることが分かりました。

下痢になる原因として考えられるのは、必要以上にたくさんの量を飲んでしまっていたり、食事を摂らない時間帯に飲んでしまっている事が考えられます。

これらを防ぐために、シュガリミットを飲み始める際は少量ずつから試し、効果が弱いと感じた際に量を増やしていくようにしましょう。

飲むタイミングについては食前がより安全で効果的なようです。

また、アレルギーの心配がある方はしっかり成分の確認をしてから服用するようにしてください。

みさき
みさき
シュガリミットは飲み始めは少量ずつ、

決めた時間の食前に飲むようにするのが

安心なんですね!

シュガリミットの副作用まとめ

今回はシュガリミットを飲んだ際の副作用やアレルギーについて調査しました。

まとめると…

・シュガリミットは飲む量が多すぎたり身体に合っていない場合、おなかが緩くなる場合がある。

・シュガリミットは妊娠・授乳中に飲んでも問題ないとされているが、心配があれば医師に確認の上服用する方がよい。

・シュガリミットは推奨摂取量(5~15粒/日)を守り、少量ずつ、食前に飲み始めてみるのがよい。

となります。

シュガリミットは健康補助食品であるため、効果の出方や下痢になる・ならないも人それぞれです。

摂取のし過ぎに注意し、始めは少しずつ試してみるようにして自身の身体に合った飲み方を探してみるのが大切です。

また、アレルギーの心配がある方は充分に成分の確認をしてから服用するようにしましょう。